弟子61(最終)巻

 うあああああああん何で終了しちゃうんだよー!!トキワの方は月刊とか短期集中連載とかでいいじゃん!雑誌のために新連載始めさせたいから長期連載終わらせろとかふざけんなよサンデー編集部!うっうっうっ…(涙)。これだからサンデーはよー…。

 連載終了に関する大人の事情には文句しかないけど、終わってしまったものは仕方ない。感想いきますよ~。

 雑誌掲載時に毎週感想書いてたから特筆するようなことはそんなにないんですけど、敵とイサラから宇喜田を守る千影ちゃんがとても可愛いのでもう二人の義娘になっちゃえばいいんじゃないですかね!師匠の美雲さんも行方不明だし。
 兼一が他者の気の治療まで出来るようになっちゃったから、龍斗とバディ組んだら良いんじゃないかなって…!龍斗すぐ静動轟一使うから危なっかしいし。しかし、鍛冶摩さんが命を削ってまで使ってた塊・鎬断って(一時的に)気の掌握までいった兼一に完敗しちゃったから、静の武術家(活人拳)には通じないよね…。自爆技の静動轟一以下なんじゃ…。
 まだ高校生なのに世直しの旅に同行させられてる兼一は単位大丈夫なんだろうか。小説が優秀賞に入ったとはいえ、高校くらいはちゃんと卒業しないとご両親に申し訳ないから頑張れ。そういえば、優秀賞の上にトキワの名前があったから、トキワは最優秀賞かな、さすがマキナくん一押しの小説家ですよ!


ケンイチ61巻
↑やっぱり最終巻は梁山泊全員集合!

61巻特典
↑とらの購入特典。もういっそ全裸で良いんじゃないかな!

長老と美雲
↑ちゃっかり長老と逢引している行方不明の美雲さん。早く弟子のところに戻…らなくていいや。
スポンサーサイト

弟子60巻

 とらで60巻を購入しました!カバー裏の初版限定イラストは味方の女性陣に縛札衣をかます馬師父(の夢を見る兼ちゃん)でした~☆

 槍月さんが闇を裏切ることなんて始めから分かり切ってたけど(なっつんの説教良かった)、おっちゃんを抑え込んで自分も身動きとれない状態だったのにぶん殴られたエーデルトラフトさんがちょっと気の毒ですね…。あの人闇の作戦通り戦っただけなのに…。
 弟子からはあえて命令違反されて、無手組なのに拳で語り合うことを理解できず(男女関係なく、武術家なら拳で語り合えないと)、人質の件を持ち出してラフマンさんの怒りを買ってばあさん呼ばわりされる(実際婆さんだけど)…美雲さんには全く良いところのない巻でしたが、これまでかなりやらかしてくれた(特に美羽と陽炎)ので自業自得ですね。
 エロに関する馬師父のモチベーションと技術は凄まじいものがあるんだけど、相手が鎧着てると瞬時で男女の判別が利かないあたり、達人といえどまだ修行の過程であり、進化の余地があるということなんでしょうね(笑)。
 20歳まで生きられないほど病弱だった鍛冶摩さんが穿彗さんの弟子になって健康になったってことは、鈴木はじめも闇に入ってたら助かったかもしれないんですかね…(はじめは病弱どころじゃなく病気だったけど)。暗鶚衆の医術じゃなくても、岬越寺師匠ならやっぱり死なないで済んだだろうし、逆鬼師匠がもっと早く岬越寺師匠と知り合ってればなぁ…。
 明らかにヤバイ人物(砕牙さんに変装した穿彗さん)に対してもしらを切り通そうとする新島はさすが。とはいえ、いくら宇宙人で悪魔でも高校生には違いないんだから、PCいじってるときに下半身丸出しでM字とか止めてあげてくださいしぐれさん!!
 通りすがりの高校生である新島を取りあえず庇ってくれる本郷さんはいい人なんだけど闇に向いてないですね…(運に見放されてるからな~)。暗殺を生業とする一族に生まれても思考がお坊ちゃんな穿彗さんを翻弄するシバっちが最高にかっこよかったです!(武田さんが見てないのが残念)
 しぐれさん結構長い事行方不明で、兼一も凄~く心配してたのに再会の喜びがあっさり終わって哀しい…。非常時だから仕方ないとはいえ…。
 静羽さん、これまでの断片的なイメージより可愛くて活発で良いですね!時代錯誤な里で育った静羽さんの方が美羽より言葉使いが普通で現代っ子っぽいのは良い意味で意外でした。
 立派なおでこを砕牙さんにデコピンされたり、静羽さんに拳でツッコミ入れられても幼馴染だから馴れてるの一言で堪える穿彗さんが可愛いかったのに、楽しい回想がすぐ終わってしまって…(その分おまけ漫画は嬉しかった)。暗鶚のクーデター失敗は色々敗因があったと思うけど、本気で成功させる気ならまずまず身内(父である長老や親友の岬越寺師匠)に相談しろよって感じです。砕牙さんと長老に感情的な軋轢があったにしても、結婚の報告はしてあったんだし、多少気が進まなくても素直に父を頼っていれば静羽さんが殺されることは無かっただろうに(まあ死ななかったら話が始まらないんだけど)。
 


↑静羽さん結構活発な性格だったし赤似合ってる!

DSC_0634.jpg
↑このしぐれさん色っぽくて好き。これがカラーイラストでも良かったのに…っ。

ケンイチ59巻

 ケンイチ59巻、とらで購入してきました♪連載が終了しちゃって水曜毎に寂しさを感じているのですが、月イチでコミックスの発売があるので癒されています…。



 兼一がとうとう武術家になった(初めて闘いたいと意思表示した)戦いだけあって、表紙の鍛冶摩VS兼一が気合入っててカッコイイです!その変化を察した悪友・新島も、若い頃の逆鬼とはじめを思い出す本郷さんにもしみじみしてしまいます。本郷さんがミハイの攻撃からケンイチを助ける寸前の羽根とチリーンは翔の導きの現れだって信じてる…ッ!!
 この巻はミルドレッドさんのパンツを剥ぎ取った馬師父と周りのリアクションに笑わせてもらったのですが、後の展開を考えると、おいちゃんはマーマデュークさんが女性だって気付いてなかったんですよね…。イザヨイのときもすぐには分からなかったし、鎧一枚(?)で誤魔化されてしまうあたり、馬師父もまだまだ進化の余地がある、ということなのかもしれませんね(笑)。
 YOMIの無手組は新白につくだろうなーとは思ってましたが、口火を切るのが千影ちゃんというのは意外でした。これまで肝心なところで意志が弱くふらふらしていた千影ちゃんが師の名誉のために師の命令に逆らうというのが感慨深い。レイチェルが結構千影ちゃんのことを良く見ていた(理解していた)のも地味に嬉しいポイントでした。


ケンイチ59巻
↑表紙の鍛冶摩VS兼一がカッコイイ!!

ケンイチ58巻

 連載が終了して哀しいけど、コミックスの発売は11月まで続くんですよ~!というわけで、58巻をとらで買ってきました。購入特典は暗鶚優良血統(自称)のお二方(この二人、同時に出てきて特に見せ場もなく美羽に倒されたので、おっぱいとちっぱいのコンビという印象しかないんですよね…)。59巻は静羽さんが良いなー。

 本誌で読んだ時も思いましたが、達人でもないのに美羽の前で兼一を誘拐しようなんて無謀すぎですわ。美羽が暴走してたら殺されてたかもしれないというのに(我を忘れず冷静に対処してたので美羽さん成長したな!って思った)。「撃つな!!」と同時に蹴りを入れてる兼一はかなり梁山泊色に染まってきた感じ。
 武人の動きに目ざとい美羽が達人だと気付かなかったり、断罪刃の妹だけど本人は一般人な紀堂貴宵さんの情報を持って来たり、岡本さんの登場はコミックスで改めて見ても怪しいことこの上ないですね(笑)。美羽のひざにバンソウコー貼ろうとしたのはスケベ心じゃなくただ娘が心配だったんでしょうけど。
 ほぼ全裸のしぐれさんを前にして、純粋に刀金を鍛えることに熱中する研究員の皆さんは凄い…鋼の精神だなーって思いますね!(しぐれさんが刀匠として素晴らしいってことは勿論ですが)逆に、武人なのにしぐれさんの裸に狼狽してる鍛冶摩さんはあんなごつい外見でもまだ弟子クラス(未成年)なんだなぁって感じますね。
 一部を除いた断罪刃はあんまり目立つ役割が無かったけど、拳聖が異文化交流に手こずってるところが面白かったです♪いつも自分のペースに周りを巻き込んで利用してるキャラだから、エーデルトラフトのポエミーな発言に対するリアクションが良かった!
 梁山泊の師匠方が昔はもっと尖がってた話が出てきましたが、アクの強い達人達が協力して教える気になっちゃうのが兼一の人徳(才能)ってことですよね(新白やYOMIに対しても)。兼一が弟子入りしなければ師匠方のインフィニティだってできなかっただろうし、武術の才能はなくても師匠(人)を育てる素晴らしい素養だと思います。
 この巻で新島が、兼一は意外と口が上手いから政治家に向いてる、夢(小説家)を叶えてからでいいから組もうって言ってましたが、最終回で見事入賞・小説家デビューしましたね。きっと、あの二人は一生ものの腐れ縁になるんでしょう。悪友万歳!!


ケンイチ58巻

サンデー42号 ケンイチ最終回

 長く続いたケンイチもとうとう最終回。寂しいけど、終わらない物語はありませんからねー(未完のまま中断する作品よりはきっちり終わった方がずっと良いよ)。皆それぞれ元気に暮らしていて、ケンイチらしい最終回だったと思います。

松江名先生、長期連載お疲れ様でした!!!

 さて本編の感想ですが、久遠の落日阻止から一年弱、兼一たちは三年に進級して宇喜田も大学に入学できたんですね。キサラと上手くいってるようで何よりです♪フレイヤが武田とフラグ立ってるのは意外ですが(トールじゃないのかよ!)。まだ完治してないのに弟子と恋人候補を二人っきりにしようと席を外すシバっちはやはり弟子思いですが、フレイヤの杖は本人の武器なんですから少しは遠慮してください(新しくフレイヤの杖作った方が早いかもしれない)。ジークがバンド組んでるのはともかく、メンバーがエェエエエエエエですよ!!!トールは(見た目バンドっぽくないとはいえ)ジークの親友だからいいとして、まさか辻がメンバーとは…!
 見開きの扉絵では、兼一の隣(美羽の逆側)に連華がいますね!全編通して出番はそう多くなかったけど、連華は好きなキャラなので嬉しいです。新白連合は会社として順調のようで、雷雉も問題なさそうだし、ロキもすっかり新白お抱えの探偵として定着していてニヤニヤしちゃいます。
 YOMIのメンバーも元気そうですね!美雲さんが行方をくらまして千影ちゃんの背が伸びたというのは、精神的な抑圧から解放されたからなのか、櫛灘流延年益寿による食事制限が無くなったからなのか…(両方かな)。槍月師父はなっつんの邸に滞在してくれてるし(ほのかにオセロで負けてる!まあ無理もない)、ボリスとレイチャルは師匠と再会できてイキイキしてるし(コーキンも師匠と修行して楽しそう)、バーサーカーとルグは師匠に逆らったのに拳聖からおとがめなしどころか気に入られてるし!!師から離反した龍斗にはリミが張り付いてるから寂しくないし、ジェイハンはお世話になったおじさんおばさんに再会してるし(妹も従者も一緒だし)!……なのに、本郷さんだけ一人ぼっちで凄い哀しいぃ!!!翔が生きてたらなぁ~…。最終回だし、ドサクサに紛れて生き返らせても良かったのにー!!!(泣)
 兼一はもう当たり前のように長老の世直しの旅に同行して戦力として役に立ってるんですね(出席日数が心配だ…。)。常時気の掌握を再現するのはまだ難しいようですが、マスタークラスと間違われるほど気の練りが進んでるのは基礎重視で育成された兼一らしくて、いずれ上手く気を掌握できるようになったら物凄く強力になりそうです。
 梁山泊も相変わらず!兼一の小説(ほぼ実話)の題材にされてデレデレの逆鬼師匠が滅茶苦茶可愛い!!カラーページの見開きで逆鬼師匠・兼一・美羽が並んで型の練習してるところ大好きです!岬越寺師匠の拷も…修行器具も、改良を続けつつ現役バリバリで素晴らしいリサイクル精神ですね(兼ちゃんガンバレ)。長老の世直しに付いて海外を飛び回るなら、携帯は海外でも使えるようにしておいた方が良いですよ(新白の経費で)。できればGPSもどこかに仕込んでおくべき。
 珍しい新白全員召集が兼一の受賞サプライズパーティという新島のデレで〆られて、背景には結婚式と二人の子供らしき写真が描かれているのも色々想像できて良いですね!砕牙さんの近況には触れられてませんが、長老と二人で写ってるっぽい写真がちらっと見えてるので、それなりに交流はあるのでしょう。たぶん。

 これで終わりなんだと考えると悲しくて泣きそうになりますが、それだけ夢中になれる漫画だったということですね。

ケンイチ、今まで有難う!!大好きだ!

 
 
プロフィール

みねず あおい

Author:みねず あおい
日々の溜息と絶叫を綴っている日記(更新記録も此処)。史上最強の弟子や星矢Ωの感想を投下。最近はアンリミコミカライズの感想も書いてます。

旬の花時計
Twitter on FC2
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
過去のログ
淡々と百人一首
    ブログ翻訳
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク