アニ振り 第二十五話

うわああぁ、皆可愛い!作画が素晴らし-!!真面目な顔のみならず、コミカルな動きもすごいナチュラルで良かった!おお振りアニメは最初から一貫してすっごいクオリティだったけど、最後まで手抜かりなしでした!
三橋の空回りっぷりが、も-おかしくて!!見てる方は面白いけど、本人は大変でしょうね。かなりエネルギー使ってそうだ…
。間にボールがないと、途端に三橋が何考えてるのか分からなくなる阿部が笑える…!!「もしかして嫌われてる?」とか不安になったりして!(今頃?という気もしますが)あんなに短気な捕手ってどーなの…。でも、何考えてるのかよくわかんなくても、1番大事なことはよく分かってるね!そう、三橋は自分から他人を嫌ったりしないんだよ!!他人を否定するくらいなら、自分を否定しちゃう子だから(こういう子が現代社会を生きていくのって大変だよな…)。でも西浦に来てから段々、少しずつだけど自分のことも肯定出来るようになって来て、ちゃんと成長してるな~と感じます。
しかし、阿部がすぐイラッとする分、泉が落ち着きのある男前に見える…!!アニメの泉は、原作以上に光ってると思う!田島はすっかり三橋とツーカーだし。二人でカレー食べるとこはホント-に美味しそうで可愛い!(カレー食ってんのにウ○コの話するなよ阿部え!!)九組は仲良しだなぁ。
花井は、阿部がキレなかったら、自分が先にキレてたって言うけど、逆に言えば、阿部が先にキレちゃうから、花井はいつも宥める側な訳で。むしろ君が不憫だよ…。
おお振りは月刊だから、なかなか原作が進まない分(でもひぐち先生って、毎月凄い仕事量だからな~)、アニメ第二期はかなり先の話になりそうですが、是非またアニメで続きを拝見したいです!なにしろ近年稀に見る素晴らしい出来でしたからね!!
スポンサーサイト

アニ振り 第二十四話

前半は三橋に泣かされ、後半は和さんに泣かされました!辛いな、三橋…。過去のトラウマって、中々克服できるもんじゃないよね…。しかもさあ、阿部の一挙手一投足が、三橋の恐怖を煽ってるんだって!いちいち顔が怖いんだよ!!しかし、ボールで心が読めるは笑いました。ボールがないと、途端に意思の疎通か出来なくなるだけに(笑)。桐青の四番と対峙した三橋に声をかけるにしうらーぜが、皆男前です!カッコイイよ、お前ら!!皆の気持ちが、電池切れかけの三橋に最後の力を与えたんですよ!…それにしても、花井の見せ場があって、ホントに良かった……。前回の三振で終わってたら、花井落ち込みそうだし。
お守りを握り締める和さんが悲しかった…。アニメだと音がついてるから、応援団の声が悲壮感を増してるし…!抱き合って泣く和さんと準さんにもらい泣きしつつ、準さんの細さに萌えてました(///)。あと、眼鏡外して泣いてる先輩が、可愛かった…!感動と萌えを同時に供給して頂けるとは、得難いアニメです!

アニ振り 第二十三話

今回は何と言っても田島様ですよ!九回、一点差、ツーアウト!ここでウインクして、しかも打っちゃうところが流石4番ですよ!!カッコイイんだからも-!そして花井がちょっとカッコ悪い…(泣)。
西浦に押されて苦しんでる準さんは、三割増し男前なのですが、…九回に4番を相手どって、帰ったらシャワーとか考えてるのは、あまりにも舐めすぎだと思いますよ…。和さんも、初戦のうちに打たれて良かったって、その初戦で負けたら意味ね-よ…!!
巣山と栄口のお手手ぎゆっとか、三橋のきょどりっぷりとか、美味しい所も多々ありましたが、やっぱりここまで来ると、試合の行方が気になります…(結果知ってるのに)!頑張って三橋!!後ひと踏ん張りっ!

アニ振り 第二十二話

流石に八回ともなると、胃がキリキリしそうな緊迫感です…!しかしアベミハ夫婦漫才が、この息苦しい雰囲気をぶち壊して下さいましたよ!!阿部は導火線が短すぎ!そんなんじやあいつか血管切れるよ!?三橋のジェスチャーを翻訳できる田島様は、実は天才なんじゃないか?…と思ったけど、そういや天才だった(バカだけど)。阿部の「怪我しない」は、元々無理がある約束で、他の人が言ったんだったら、阿部だって「無理だろ」、とツッコミを入れただろうけど。三橋の為だから、無理だろーが何だろうが、阿部は本気で「怪我しない」つもりなんでしょう。約束は叶うかどうかじゃなく、叶える為に努力するものですからね!!
桐青側は、和さんと慎吾さんがアイコンタクトしてますよ!仲良しだ!!前ちゃんとか、和さんの聞くことには、皆素直に答えるんだなあ。信頼されてますね、お父さん!

アニ振り 第二十一話

いちいち三橋の世話をやく阿部は端から見ていて大変押し付けがましいですが、三橋にはあれくらいでちょうどいいんでしょうね…。
準さんのウインクで赤面する和さん(←違う)。熟年夫婦のようにお互いの考えを察しています。和さんの愛を信じて投げたシンカーには、流石の田島も空振りでした。四番が落ち込むとチームの士気が下がるから、気丈に振る舞う田島ですが、三橋には弱音を漏らしてしまうんですね~!(この二人って、チームの中でも一種独特で、立ち位置が近い気がする)三橋にたどたどしく励まされて、振り返る田島の目が(カッコイイけど)怖い…!!完全にターゲット・ロックオン!してる…!!「九回にもう一回、まわしてやるから」って言われて喜ぶところは可愛いんだけどね。しかし桃監の握りこぶしは強力ですね。あれで握られたらかなり痛いんだろうな…。
プロフィール

みねず あおい

Author:みねず あおい
日々の溜息と絶叫を綴っている日記(更新記録も此処)。史上最強の弟子や星矢Ωの感想を投下。最近はアンリミコミカライズの感想も書いてます。

旬の花時計
Twitter on FC2
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
過去のログ
淡々と百人一首
    ブログ翻訳
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク