サンデー53号

扉絵のなっつん、槍月さんも一緒にいるってことはリアルタイムなんですよね?(実戦以外の修業もちゃんと見てくれてるんだなー。お酒飲みながらだけど)命がかかってるわけでも拷問並みの重りが付いてるわけでもないのに表情が厳しいのは、本音では兼一の手助けをしてやりたいのにYOMIという立場上それも出来なくて、悔しい思いをぶつけてるんだな、と解釈しました(真顔)。
一方、師匠不在とはいえ同じYOMIでもレイチェルはフリーダムですね!(笑)新白のビルにまで堂々と機材持ち込んでるんですから(一度家に上げたら毎日のように入り浸るタイプ)。今週は折角出番があったのにレイチェルだけいつもと顔が違うのがちょっと残念ですけど(真面目な顔だと夏君ぽいし、それ以外だと目が大きすぎるような…。髪もなんか変…)。
地味に連華もいますが、なんというか、付き合いは短いのにレイチェルのことを随分理解出来てるように思えます(やっぱり、拳を交えたから?)。
異国の姫君と密林で潜伏とくれば、水浴びはお約束ですよね!!そうこなくっちゃあ!ロナ姫はクールでいて女性らしい口調とエキゾチックな外見がマッチしていて、回を増すごとにじわじわ魅力が出てきたと思います。あえて言うなら、「落ち着いていて凛々しい(大袈裟に恥ずかしがったりしない)美羽さん」というか(国民に対して責任のある立場だからなんでしょうけど)。美羽や連華、キサラの照れ隠しってパターンが全く同じなもんだから、こういう弟子世代女性は殊更新鮮に感じるのかもしれませんねー(フレイヤともタイプが違うし)。
ただ一つだけ水浴びシーンで不満なのは、シャームちゃんの格好が不自然だということでしょうか。王女と二人で水浴びするなら下も脱いでないとおかしいし、あくまでも王女のお世話だけなら上だけ脱ぐ必要はないはず…。下だけ穿いてるなんて変じゃないですか!脱がせるなら全部ひっぺがすべき!!お父さんと一緒に男湯に入る小学生(女子)だっているし、美羽も姫も(たぶん)穿いてないんだから何の問題もないはずです!!(ほのかや千影だと微妙に犯罪くさいから脱がなくていいんだけど、シャームちゃん(や姫)はこう…、セクシーショットにもアラビアンナイト的なロマンを感じるんですよね)
間髪入れず縦読みにツッコミを入れるとは、ジョンもなかなかやりますね!ヒーローになりたくて傭兵になるのは欧米だとそう珍しくない感覚かもしれませんが、内戦で圧倒的に不利な状況のお姫様(邪神の隠れ家に乗り込むのにあの人数ってほとんど孤立無援と言っていいと思う)につくなんて普通は出来ませんよ(ケンイチに出てくる太めの男性はメンタルがイケメンでいいな!)。新白サイトもちょくちょく利用してるようですし、今回の一件が片付いたあとも、新白連合の海外派遣員として登場しそうですね(新島が知ったら放っておくはずないし)。
姫に味方する条件で「可能な限り」を付けてあげる逆鬼師匠はやっぱり優しい人だな~と思います。邪神と敵対して圧倒的に不利なのに「絶対殺すな」なんて言ったら「死ね」って命令するのと変わらないですからね…。
あの焼け跡から美羽の髪飾りを一瞬で見つける兼一は凄いですね!!新島の言うように、本当に引き合って運命的に再会しそうです(再会する時も美羽は恐らくノーパンだろうから、出血多量で死なないように姫様のヌードで馴れておくべきなんですよ!)。
ますます野性味を増した美羽がシラット使い達をボコってましたが、あれが荒療治なんでしょうか?闇を装おった手下に襲撃させて美羽に始末させたとか(あの邪神が荒療治と称するには若干温い気がしますが)。美羽を取り戻しにやって来た逆鬼師匠を闇の新手だとか本郷昌だとか吹き込んで、「アイツにも大切な人を奪われる苦しみを味合わせてやれ」と唆して兼一を殺すよう仕向ければ、美羽VS兼一も可能ですね。美羽の持ち物なんてさっさと処分しておくべきだと思うんだけど(しかも焼け跡に残してるし)、あれは逆鬼師匠に気を取られた邪神のミスなんでしょうか(あれはただ単に美羽が近くにいるという証拠であって、特に含みはないのかもしれないけど)。
スポンサーサイト

☆標的363!☆

自分が家光に一杯食わされたせいで、リボーンに不本意な同盟を組ませてしまったことを悔やんでるツナたんが可愛い。良い子良い子してあげたくなる!そんなツナを心配そうに見てる山本も美味しいですね♪
リボーンとしてはむしろツナの成長に役立つってことで内心上機嫌なんでしょうけど(結果を知ってるくせにわざとらしく聞くあたり、リボーン先生は本当にどエスですね)。
チームリボーンが微笑ましくてニヤニヤしちゃう反面、家族の確執を仕事に利用する家光にムカムカしちゃうけど!でもまあ、おかげで今回は悶えるツナが見られたから、ダブルXバーナーくらいで許そうと思います。
フランは結局黒曜なんですね。成長期の子供があんなにジャンクフードばっかり食べてたら生活習慣病になりそうなもんだけど。

11月27日のアレコレ

■ヒーローズ…なんというペンタン回…!!まあリアルでカードバトルって趣味でやるものなんだし、どうせならとことん好みに拘る方が楽しいのかもしれませんねー。使い難いカードでも、好きだからどうにかして使ってあげたい、と試行錯誤していけば、必然的に戦術も練れていくと思いますし。
(異世界で修業、とかじゃなくて心底安心しました)


■ゴーカイ…タイムもカクレンも見てないからあんまり感動はしなかったんですが、寝隠神社にニンジャマンの壺(→大いなる力を受け取る布石)、勘違いでシタリ爺ちゃん退治(→シンケンの手間を省く)、真犯人のザンKT退治(→防御力アップでゴセイ大迷惑)、最後にタイムイエローの息子判明、と物凄く上手い纏め方でしたね。時間管理局なのに過去の人間と子作りしていいのか、とツッコミたくなりましたが(笑)。
ゴーカイサイドだと、取りあえず時間があれば腕立て伏せしてるジョーに笑ってしまいました(「どうせ倒されるんだから誰に倒されても同じ」は笑うしかないというか…。シタリ爺ちゃん気の毒に…)。
次回はアイムの無謀すぎる仇討ちということで、終盤に向けてどんどんシリアスな展開になりそうですが、残り話数も少ないことですし、このままの勢いで派手に突っ走って欲しいものです。


■フォーゼ…とうとう賢吾がデレましたね!仮面ライダー部正式発足おめでとう!!30分番組だから仕方ないとはいえ、賢吾が取り乱すのが随分早く思えましたけど、あれは下手に宇宙や装備の知識が豊富なせいで死の恐怖を実感するのが一般人より早いからだったんじゃないかなーという気がします。
いや~、今週は一話の中に全員の見せ場があって、最初から最後まで楽しめました。特にユウキの見せ場があって、本当にホッとしました。先週からずっと、良かれと思ってしたことが裏目に出てばっかりでしたし、ゾディアッツ退治に関して、ユウキだけこれといった役割もありませんでしたからね。勿論良い子であることは間違いないんだけど、宇宙の知識なら賢吾の方が詳しいだろうし、ちょっと変人だから交渉も不向きだし、判断力もイマイチだからなあ…。「皆凄いと思う」って言ってたのも、その辺を自覚してのことなんでしょう。でも、一話で間違った方向に意地を張っていた弦太朗を諭したり、今回パニクった賢吾を宥めたり出来たのはユウキだからこそ可能だったんだし、そこは自信を持っていいと思います。
それにしても、キングのナイスガイっぷりが止まりませんね!!来週は三浦君の復学話のようですし、ますますカッコいいところを見せてくれるのかと思うと堪りません!


■スイプリ…音吉さんに何事もなくて安心しました。流石に、小学三年生が死別担当だとちょっとキツイですからね~。念動力で外したネジが羽毛からポロリするのはどうかと思うけど!(証拠を消すにしても、羽根に埋めるのはいくらなんでも無理があるだろ…)しかし、あんなファンタジーな存在なのに、やることは事故に見せ掛けた暗殺なんだから、ノイズってリアリストですよねー。

11月27日 のぎす様へ拍手返信

11月27日
「のぎすです。逆鬼師匠が邪神に受けとして襲われる…凄すぎて想像が及びません(笑)。逆鬼師匠、無事逃げて戴きたいものです。」(のぎす様より)
→逆鬼師匠は特A級の達人だから大丈夫…と思いたいのは山々ですが、なにしろまだ邪神にやられた傷が完治してませんし…!せめて本郷さんも参戦してくれないと安心出来ませんよ。邪神って、エロ方面じゃなくてもろくでもないことばっかりするじゃないですかー。

「のぎすです。夏朗と鴉羽のキスシーンは背筋にビリビリくるものがあり ました(うっとり)!そして、同じく思いましたとも…皆人君ってば夏朗の ドストライクなんじゃないかい?…と。みねず様もですか、なんだか嬉 しいです。いやー、萌えが止まらない巻でした♪」(のぎす様より)
→ですよね~!!皆人と初めて顔を合わせた時も興味津々って様子でしたし!あれは絶対好みなんですよ!!鴉羽→結(結女)だし、あそこは葦牙とセキレイそろって皆人サイドに執着してきそうで萌えます!

「のぎすです。逆鬼師匠に怯える幼女、逆鬼師匠と兼ちゃんのイチャイチ ャ…本当素敵ですね。夜は傷ついた師匠を兼ちゃんが優しく慰めてあげ て欲しいものです(笑)。」(のぎす様より)
→アウェイの敵地で、いつ襲われるか分からない…となると、当然逆鬼師匠と兼ちゃんは同じ部屋ですよね!兼ちゃん、俺から離れるなって逆鬼師匠に言われてますもんね!!梁山泊では師匠がゴロゴロしてますけど、異国で二人っきりですもんね!!!普段はなかなか進展しない師弟の仲が急接近するなんてこともあり得るはず…!(ハァハァ)現地の人からも幼女からも怯えられて落ち込む逆鬼師匠に、「僕は大好きですよ、逆鬼師匠のこと。」って兼ちゃんに言って欲しいです。

原大陸開戦を読了

原大陸開戦?
原大陸開戦をメイトで購入し、特典のカバーを貰ってきました(基本的にカバーって使わないけど、折角もらえるんだからメイトで買った)。店員さんが間違って「約束~」のカバー(←持ってる)を入れようとして他の店員に注意されてたので、「約束~」もまだ特典付の初回限定版が残ってるのかも(確認してないけど)。
感想を一言で言うと、物凄く面白かった!!!元々オーフェンは富士見から出版されてたからラノベ扱いなのかも知れないけど(当時からラノベ的な内容ではなかったけど)、第四部は本当に内容が重厚で、キャラクターもそれぞれ良い味出してるし、純粋に小説として読みごたえがあって、一昨日一度読んだ後また読み返してしまいました。これだけオーフェン陣営が大打撃を喰らってて絶望的な状況なのに(主要人物は一人除いて大体ピンピンしてるけど)、面白さはぶっちぎりで、今すぐ続きを読みたい気持ちにさせられるって凄いことだと思います!これは次巻も買わないわけにはいかないな!ただでさえ元から高いのに次から値上げされるけど…!!
内容についての感想は挙げていくときりがないのですが、クリーオウとラチェ母娘が大物過ぎて底知れないです(笑)。是非とも次では夫婦の会話が読みたいものですね。あと、マヨールの回想のおかげで、結構ベイジットが好きになってきました(死亡フラグ立ち過ぎだけど!)。
気になったのはやはり、オーフェンの魔王術はまだ魔王の力を返却してないから打ち放題なのか、それとも目に見えない何かを喪ってるのか(使えば使うほど人間から遠ざかっていくとか)ということでしょうか。それでなくともキリランシェロ時代から超天才で(一部では本人の自己評価が低すぎるだけで、天才揃いのチャイルドマン教室でも別格だったらしいし)、魔王になってからは結界一人で張れたり神人種族の道具を再現出来たり色々と人間のレベルを逸脱しつつあるようで、オーフェンが第二のスウェーデンボリーになるエンドもあり得る気がします。
今回もバカでかい魔王術を二連続で使っていて、あれで仕留めきれないヴァンパイアもマジバケモンではあるんですけど、多分あれが最大出力ではないんでしょうね(デグラジウスの時はもっと規模が大きくて、他の魔術戦士の練度も低かったはずだし)。魔王術は下手に使うと世界を壊しかねないし、当然周りの人間も巻き込んでしまうから、ドラゴンにまでなってしまったヴァンパイア始末するには人間の入植していない地域に誘導したり、結界を張るなどの工夫が必要になるだろうし、生き残りの魔術戦士とマヨール達島の魔術士が総動員した派手な戦いになりそうで、ともかく早く続きを読みたいものです。
「解放者~」ではオーフェンは議会に拘束されてるだろうから、大規模な戦闘は最終巻になるでしょうけど。予想できる次巻のマイナス要因としては、戦術騎士団の大打撃で魔王の権威が失墜、騎士団の活動が制限、カーロッタ派が勢いづいてヴァンパイア化多発、壊滅災害で各地に被害、…といったところでしょうか。もしもあのドラゴンが魔王術に怯えて(なんとか逃げたとはいえ、オーフェンに相当やられましたからね)キエサルヒマ島まで逃げていったとしたら(カーロッタの側近だから原大陸から離れないとは思うんだけど、ヴァンパイア化すると知能も退化していくし)、もっと酷い犠牲が出るだろうし(向こうには実戦で魔王術使った経験ないし)、「魔王はわざと止めを刺さなかったんだ」と言われてしまいますよねー。スウェーデンボリーが滞在中だけど、あの人一応人間の味方とはいえ、あんまりストレートに手助けしてくれない気がするというか、バカ正直に信用したら痛い目みそう…。
プロフィール

みねず あおい

Author:みねず あおい
日々の溜息と絶叫を綴っている日記(更新記録も此処)。史上最強の弟子や星矢Ωの感想を投下。最近はアンリミコミカライズの感想も書いてます。

旬の花時計
Twitter on FC2
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
過去のログ
淡々と百人一首
    ブログ翻訳
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク