スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリアファイル第二弾!

雷雉&連華のクリアファイルを買ってきました!(サンデーS重いよ!)好きなのに出番の少ない二人なので嬉しいんだけど、一人ずつでもちゃんと両方買うんだぜ。
ところで、元絵が47巻限定版の流用なのは別に良いんですが、どーして連華だけ服の柄が変わっているんでしょうか(片方だけって不公平じゃねーの)。…雷雉も色変えて下さい!!

file201
↑第一層は服だけ印刷されています(手元の印刷がちょっとズレてる…)。二層目の下着が透けて見えるので、わざと下着を見せて歩いているように見えなくもない(笑)。

file202
↑二層目は下着だけ。カラーのクリアファイルだけあって本編よりデザインが凝ってますね♪しかし、いつも思うけど、ブラの布面積が大きくて(巨乳用のブラはどうしても大きくなっちゃうけど)パンツが不自然に小さいのは拘りなんだろうか…。

file203
↑三層目を裏側から見たところ。これだけ見ると、パンツ一枚+靴というなかなか変態チックな出で立ちで踊ってるように…(裸足にしてくれればいいのに~)。

スポンサーサイト

サンデー26号

うわぁあああ本郷さーーーーーん!!!(感涙)やられてもやられても諦めず食らいついた末の一発逆転がケンイチらしくて熱かったぁああ!!!!(でも内臓がない(ぞー)で笑った)実力で上回っているであろう同年代(かそれ以上)の長老ではなく、まだ若く未熟で自力では及ばない本郷さんが執念で実力差を覆すところがこの漫画の良いところだと思います。
あの絶望的状況でもしっかり頭を使って邪神を罠に嵌めたのも、地味に静の者らしい戦い方で好きです。一度目の陰陽極波貫き手が性格で虚と実を見抜かれちゃったときには本郷さんが不憫で仕方ありませんでしたが、ちゃんと自分の博打運の無さを自覚してたんですね!!まさか二発目を確実に当てるための見せ金だったとは…!傷ついた右腕でも、ただ玉砕覚悟じゃなく、脚波ねじり貫き手という奥の手(膝だけど)をちゃっかり用意しているあたりが抜け目がないというか油断できないというかもう流石だなーと感心しました(逆鬼師匠があれだけ信頼してるのも頷けます)。
邪神が本郷さんの脇腹ずぶずぶしたとき、兼一とハルティニちゃんは思わず目をそらしちゃったんですけど、姫様は涙を浮かべながらもしっかり見てるんですよね。このあたり、やっぱり戦時下の王族なんだなーと関心しました。傷つき破れた邪神が逃げ延びたとしても一影あたりに始末されるだろうし、逆鬼師匠に王位は継がないって言っちゃったけど、姫様が国を治めるのが上手くまとまって良いんじゃないでしょうか。

☆標的386!☆

うーむ、アルコバレーノの末路は大方の予想通り悲惨なようですね…。最初から『呪われた』赤ん坊とは言われてましたが、一度アルコにされたら比較的短期間で死亡するかゾンビ化なんてお先真っ暗すぎる…(永久に赤ん坊のまま生きていくとしても、それはそれで辛いだろうけど)。
最強チームなのに正体の分からない相手の言うままに依頼を受けまくって罠に嵌まったというのも迂闊というか無用心すぎると思いますが、それだけ自分達の強さに自信があったってことなんでしょうね(結果的に過信だったわけだけど)。
依頼と代理戦争を交互にしたところでせいぜい50~60年程度のスパンにしかならないし、アルコはマフィア界では有名なんだから、呪いの落とし穴について噂くらい広まっても良さそうなものですが…。ひょっとして、チェッカーフェイスが代理戦争の終了後に関係者を皆殺しにしてたりするんでしょうか?
復讐者は随分バミューダを持ち上げてますけど、アルコバレーノの成れの果てがチェッカーフェイスを恨んでることくらい向こうだって分かってるだろうし、そう上手くいくわけないですよね…。優勝候補の側に潜んで機を伺うならまだしも、自ら参戦しちゃってるんだし。大体、バミューダはシモン襲ってスカルじゃなかったら死んでるような攻撃したり、他の参加者を闇討ちしたりしてるからそもそも信用出来ないという…。リボーンは今まで自分の(呪いを解く)ために動いたことはないので、チェッカーフェイスに一矢むくいたい気持ちはあっても、あくまでツナの家庭教師としてバミューダの勧誘は断るような気がします。リボーンは自発的に動かないけど、ツナ達はツナ達で呪いを解くために動き出す、とか。

☆矢Ω 9話

※カテゴリ その他から移動(6/16)。

またしても黄金聖闘士から裏切り者が…(笑)。アテナ陣営って、いつも内ゲバで戦力の大半を失っている気がするのですが!大抵黄金の誰かは裏切るよねっ。聖域の運営システムに欠陥があるのか、アテナの見る目がなさすぎるのか…(今回はアテナ自ら学園長に任命したんだから後者沙織さんに問題があるのか)。
アテナの偽者は無理矢理利用されているんですね。OPだけ見たときはヒロインっぽいのに髪短すぎな気がしたんですが、今は(コスモの大きさ以外)沙織さんを連想するもののない(髪の色も長さも面立ちも違う)見ず知らずの少女の方が光牙の正義感や優しさがストレートに表れていて良かったと思います。

5月27日のアレコレ

※Ωは☆矢Ω感想に移動。


■ゴーバスターズ

引きと予告で本編の印象が吹っ飛んだんですけど!(自分で言い過ぎたと反省するなんてヒロム成長したなーとか、「何故心臓の音が聴こえる」でこっちまでギクッとしたとか色々あったのに)金が人間で銀がロボ?(ガラの悪いゴセイナイトかと思った)バディなのに色統一してないのね。てか、エンジニア(むしろマッドサイエンティストに見える)が自分を改造して戦う必要がどこに…(ガンダム鍛冶のアスノ一族がパイロットやってるんだから別にいいのか)。


■フォーゼ

ユウキの良さって付き合い短いと見えにくいだろうから、良く知らない(特に真面目な)人が毛嫌いするのも無理もないんだけど(だって傍から見ると池沼にしか見えない…)、エリーヌのはパフォーマーに対するアレルギー(トラウマ)に校長の小細工が拍車をかけてるので見ていて胸が痛みますね(人としても教育者としても校長の株が下げ止まらないぜ)。子供の頃から宇宙に行くのが夢なのに学力が足りてないという点ではユウキを擁護出来ないけど、エリーヌが認めた賢吾だって病弱なんだから本来なら失格になっても仕方ないんだし、「やっこさんを折ってもいいんだぞ」みたいなユーモアは弦太朗と接することで出てきた人間的な豊かさなので、エリーヌも弦太朗(やユウキ)と友情して成長していくんでしょうね。
あと、大文字君ロボかわいい。そしてパニくって失格になったのに言えない流星に笑った。


■ヴァンガード

何とゆーか色々酷い(笑)。特にインフルエン座。TVでチームジニアスしか放送しなかったのは、他の色物チームを映したくなかったからなんじゃないだろうか。三人共(特に前回負けたミサキさんが)問題なく勝てたので良かったけど。
ジニアスのリーダー格が前回より性格悪そうに見えたのは腹黒い本性が出てきたからなんだろうけど、ミサキさんがどんどん普通の女の子みたいになってきてるのはどうしてなんだろう…(笑)。気心が知れてきたから素直に自分を出せるようになったとか?
プロフィール

みねず あおい

Author:みねず あおい
日々の溜息と絶叫を綴っている日記(更新記録も此処)。史上最強の弟子や星矢Ωの感想を投下。最近はアンリミコミカライズの感想も書いてます。

旬の花時計
Twitter on FC2
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
過去のログ
淡々と百人一首
    ブログ翻訳
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。