スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンデー17号

 しぐれさんにクナイ渡したら、そりゃー即脱出するに決まってますよね~。基地に取って返した本郷さんの相手はしぐれさんの担当でしょうか(流石に兼一たちじゃ相手にならないし)。
 ちょっと道案内してもらっただけで鍛冶摩さんを信用しちゃうとか…兼一はウルトラお人よしなんだからもう!(そこが良いんだけど)美羽さんのお父さんの弟子だから敵のわけないって、その美羽さんのお父さんが敵の首領で美羽さんのお母さんの仇最有力候補なんですけど(やっぱり兼一には新島が必要だな!)。
 新島による鍛冶摩さんのプロファイル、「正義に生きればヒーローだが、悪に染まったらやはり貫く」「二面性」で砕牙さんにも当てはまりそうですね(似たもの師弟だなぁ)。どうでもいいけどラッキーカラーの潤朱色がぶっちゃけピンクで可愛いと思います!
 鍛冶摩さんの二人の師匠は砕牙さんと岡本さんで間違いないでしょうが、助けるのと殺すの、どちらがどちらの命令を出したのか気になりますね(現状どっちもあり得る感じ)。両方から相反する命令をされてどちらの命令も実行しちゃう鍛冶摩さんはなかなか曲者ですな!
 手を握っただけで相手を脱力させるとか、鍛冶摩さんヤバイすぎですよ…(どういう武術なんだ)。兼一が本気出したら破れたから、まだまだ未熟(師匠はもっと完璧に実行できる)なんでしょうけど。
 わざわざ兼一の前で仲間を攻撃して逆鱗に触れるのは敗北フラグですよ鍛冶摩さん!スロースターターだと調べはついてたのに本気スイッチ押しちゃうのはリサーチ不足でしたね。兼一攻略の最善手は、やっぱりコーキンが実行した「動揺を誘ってその隙に一撃で戦闘不能にする」でしょう。
 新島は今更兼一に「オレも大切だったのか」なんて言ってますが、そんなこと新島以外の全員が(読者含め)ずっと前から知ってますよ!大事な悪友だって!!新島も意外と自分のこと分かってないですよね(笑)。
 達人戦の方はこれといった進展がなかったけど、弓使いさんは下半身を隠す時間すら惜しんで大量の弓を用意したんですね…!流石達人。武にかける覚悟が違いますね!!(重瞳抹消眼はどういう原理なんだろう…)
 
 
スポンサーサイト

サンデー16号

 兼一、美羽、新島の三人を先に行かせるのは、ミサイルの無効化という本来の目的を考えれば一番確実なんだけど、如何せん実力・人数共に残った新白メンバーには荷が重すぎですよねぇ…。なっつんとレイチェルが加勢してくれたとしてもまだ数で劣ってますし。千影ちゃんは…宇喜田が殺されそうになったら助けてくれるかもしれませんが、庇って刺されかねないのが怖いところ…。
 悪い方の死神は超薄型対衝撃プレートで命拾いしたあたり小者っぽいんですが、本郷さんと同時に搖動に気付いたので腐っても達人というかそれなりに実力がありそうですね。兼一と美羽が弟子クラスではトップクラスとはいえ、達人相手じゃ瞬殺されかねない以上、二人も基地に来られたら大変困るんですが…そこは時間との勝負になるんでしょうか。
 特に意志の疎通も出来ないのにポエムにはポエムで返す岬越寺師匠は相変わらずですね!(笑)戦闘中によそ見しちゃうおいちゃんもですが(変態って馬師父のことなのにおじいちゃんびっくりしちゃったじゃないですかー)。
 兼一たちを待ってた鍛冶摩さん(とくのいち二人)は、やっぱり一影か岡本さんの仕込み臭いんですよね~。わざわざ道案内するくらいなら自分たちでミサイルどーにかすればいいのに、と思いますけど。

サンデー15号

 岡本さんって、敵地に侵入するのに高校生(フレイヤは大学生だけど)より落ち着きがないうえに戦力にならない兵士を何故連れていったんでしょうか…。装備も敵より劣ってるから盾にしても役に立ちそうにないし…。道案内だって新島のGPSで済むと思うんですけど。
 新白と敵の弟子集団が顔を合わせましたが、無手組の数が減りすぎて画面上の扱いが悪い(コマ小さい)ですね。急いでミサイルを止める必要があるし、弟子以外にも敵はいるんだから、兼一達が残って戦う間に美羽、新島(と道案内)だけ先に行かせる展開でしょうか?岡本さんに美羽を守るよう念押しされてるから(ますます砕牙さんっぽい)、兼一も美羽たちと一緒に行くかもしれませんが、それだと足止め組が実力的に厳しすぎるんですよね~。

ケンイチ55巻

 今更ですがケンイチ55巻の感想です。本編は兼一と似通った半生を生きた田中さんの劇的な退場というショッキングな巻。正直、田中さんの死そのものよりも奥さんと子供がもう亡くなっていて、家族への帰るコールが着信試験ダイヤルだったということの方が衝撃でした。静動轟一で自滅しかけていた龍斗を救ってくれたり(オガッチはリミを助けていたので、田中さんが来なくても助かったかもしれませんが)、妻子の仇であっても本心から殺すこと前提で闘えなかったり、田中さんは最後までやっぱり活人拳の人でした(師匠方がのんびり梁山泊でおしゃべりしてないで弟子のピンチに駆けつけてくれれば田中さんも助かったんじゃないのかと思うとちょっと口惜しい)。
 リミや龍斗のことも、田中さんの妻子のことも、緒方さんは自分で自分に無理やり納得させてるような印象なんですよねー(闇ケ岳で仏像彫ってたくらいだし)。本郷さんといい、自分で決めた信念で雁字搦めになって生き難そう。殺さなければ何でもアリな活人拳を見習って、もっと我がままに生きればいいのに。

 DVDは武田さんの弟子入りと兼一の闘技場デビューでしたね。今改めて武田さんがシバっちに弟子入りするエピソードを見ると、得意技の左ストレートだけじゃなく、命をかける必要のない場面で大怪我しかねない意地を張るところが似たもの師弟というかなるべくして弟子入りしたんだろうなあと思います。
 闘技場の話は凄く好きなエピソードなんですが、台詞や動きのタイミングが若干遅い感じ…。松江名先生の漫画がテンポよく読めるから猶更そう感じるのかもしれませんが。


ケンイチ55DVD
↑限定版DVDと箱ジャケ。まるで武田さんとカストルにフラグが立つように見えるがDVDが2話構成でそれぞれのメインというだけである(笑)。

ケンイチ55DVDジャケ
↑DVD本体の絵もカッコイイイ!コミックス本体の田中さん夫妻は泣ける…。

ケンイチ55おまけ
↑とらのおまけペーパー。本編で着てる水着と同じものですね(劇中ではほぼボロ布と化してるけど)。

ケンイチ55アイキャッチ01
↑アイキャッチその1。兼一の背中の史上最強が浮き出てくる演出が好き。

ケンイチ55アイキャッチ02
↑アイキャッチその2。新島がすっごい恰好良く見えるんだこれが!

ケンイチ55アイキャッチ03
↑アイキャッチその3。この頃はカストルのおっぱいも控えめだった(箱と比べると差が凄い)。

アンリミコミカライズ #12 ストレンジャーズ (1)

 マンリミもとうとうアニメ5話まで来ましたね!この話は東京見物の様子(葉のアホかわいさとかな)がそれぞれ性格が出ていて可愛いので大好きです♪アンディとユウギリの心的距離が縮まる重要なエピソードですし。ユウギリの暴走(次回)という非常時だけでなく、平時でもアンディの能力でユウギリを笑顔にしてあげられたというのが大きいです(入場審査を誤魔化すのはズルっちゃズルですが)。癇癪を起したユウギリをアンディに追わせてるあたり、三幹部はもうアンディの人となりについて信用してるんですよね(アンディは気付いてないだろうけど)。
 せっかくアンディとユウギリがほのぼのデートしてたのに、呼んでもいないのにやってきて無粋な仕事の話を始める(しかも不手際を起こす)バベルには一昨日来やがれ!って感じですけど(どうでもいいが、17歳だとR18作品が見れないから時間を止めるには18歳の方が良いと思う)。


ユウギリスマイル
↑守りたい、この笑顔(///)。

アンユウデート
↑何やってんだと言いつつとっても楽しそう(笑)。

紫穂×アンディ
↑やっぱりあの時点で紫穂に正体バレてたんですね(格闘術だけじゃあ決め手にならないもんね)。

アンディおこ
↑不機嫌そうな顔がかっこよかった…。
プロフィール

みねず あおい

Author:みねず あおい
日々の溜息と絶叫を綴っている日記(更新記録も此処)。史上最強の弟子や星矢Ωの感想を投下。最近はアンリミコミカライズの感想も書いてます。

旬の花時計
Twitter on FC2
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
過去のログ
淡々と百人一首
    ブログ翻訳
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。