☆標的 294!☆

手がかりの残し方があまりにも不自然なんですが!あの血文字を書いたのが山本だとして、どうして山本が「罪」の存在を知っていたのかという。まさか虫の息の山本にシモンが解説してくれた訳じゃないだろうし…。以前リボーンがアルコバレーノの秘密を教えたとき、ついでにペラペラ喋ったとしても「dellito」の文字を目で見なきゃ「でりりと」とは書かないだろうし(いやカオルちゃんが落とした紙にあったような気もするけど、あんな一瞬ちらっと見ただけでダイイングメッセージ書けるとは正直思えないよ…)。犯行予告的な意味でシモンが書いたにしても、ひらがなにしたり中途半端に残す意味がないんですよねえ。
不謹慎だけど、真っ青になってるツナと泣いてるクロームが超かわええ!!!(|||)他の面子も本気で山本の心配してて(雲だけやっぱりいないけど)、すっかり仲間になったな-と感慨深いです。
「罪」の存在を知っている超直感持ちの九代目が、現在親交の薄いシモンをわざわざ招待したあたり、かなりどす黒い意図を感じますね。ツナを十代目にするために仕組んだとしか思えませんよ(未必の故意というか)。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みねず あおい

Author:みねず あおい
日々の溜息と絶叫を綴っている日記(更新記録も此処)。史上最強の弟子や星矢Ωの感想を投下。最近はアンリミコミカライズの感想も書いてます。

旬の花時計
Twitter on FC2
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
過去のログ
淡々と百人一首
    ブログ翻訳
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク