☆標的314!☆

気のせいか、今日のしとぴっちゃんはやけに輝いて見えました!いや、いつも発光してるんだけど、何だか日常編より良く喋る分、しとぴっちゃんのくっきりした考えが伝わり易くて良いというか堂々とした胸元が美しいというか!!(エンマがじめじめしてるから余計に眩しく感じる…)自分の為、とハッキリ言っちゃうあたりが、うじうじシモンの中では異彩を放っていて好感度アップ☆
にゃんこにうにゃうにゃされたくてマタタビを仕込むごっくん…。猫飼いならば誰もが一度は試したはずです!可愛いけどすっごいパワフルになるから、生傷だらけにされますけどね!!!(皮膚が抉れる勢いで猫キックを繰り出してくるんだぜ…。キャットクローでしがみついて離れないしな…)
獄寺の十代目ラブは確かに弱点でもあるんですが、ツナ命じゃない獄寺なんて獄寺じゃないというか、もう完全に獄寺のアイデンティティーですからね…。この勝負、何が何でも負けられないでしょう!!(たぶん引き分けになると思うけど)
いよいよ帽子眼鏡が暗躍し始めましたね…。偽者(幻術)なのか、最初から獅子心中の虫なのかはまだ分かりませんが。あれだけ態度が妖しさ爆発してるのに、仲間から大して追求されないのは「自分(達)はいつだって悪くないんだ~!!」という盲目フィルターがかかってるからでしょうか(つまり自業自得)。エンマがでっち上げを疑いもしないで信じ込んで、取り返しのつかないことをやらかしそうなんですが…相手が家光だと、あんまり心配する気にならないのは何故だろ-…(可愛い妻子を放って放浪してるからかなやっぱり)。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みねず あおい

Author:みねず あおい
日々の溜息と絶叫を綴っている日記(更新記録も此処)。史上最強の弟子や星矢Ωの感想を投下。最近はアンリミコミカライズの感想も書いてます。

旬の花時計
Twitter on FC2
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
過去のログ
淡々と百人一首
    ブログ翻訳
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク