スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シリーズタイトルを『死が二人を別かつまで』に決定!

UNDER掲載の、『初めて人を殺した日』→『一度は愛した人だから』→…と続くシリーズのタイトルを『死が二人を別つまで』に決定しました。これまでの表題はサブタイトルになります。細かい設定のチェックと訂正の結果、全部で十章になる予定です。
これまでのあらすじと、これから書く分のタイトルは以下の通り(タイトルは変更するかもしれませんが)。


・序章~初めて人を殺した日~
兼一中一(12歳)。兼一のストーカー中に不審者を始末する翔。

・第一章~一度は愛した人だから~
兼一高一(15歳)。翔とこっそり付き合っていた兼一が妊娠、闇に拐われる。

・第二章~鳴かぬなら、~
兼一(16~17歳)、闇で男の子(風牙)を出産。子供と離ればなれのまま梁山泊に保護される(第二子(兼人)妊娠中)。

・第三章~あなたのぬくもり残っている~
梁山泊に戻ってきた兼一(17歳)。

・第四章~運命の人が、あなたなら(いいのに)~
兼一(18歳)、梁山泊で男の子(兼人)出産。美羽と深い仲に。

・第五章~朽ちた想い~


・第六章~A long,long good-bye.~


・第七章~落ちては消える、雪のように~


・第八章~太陽に背を向けながら~


・第九章~光をたどりながら~


・第十章~ENDLESS LOVE~
決着。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みねず あおい

Author:みねず あおい
日々の溜息と絶叫を綴っている日記(更新記録も此処)。史上最強の弟子や星矢Ωの感想を投下。最近はアンリミコミカライズの感想も書いてます。

旬の花時計
Twitter on FC2
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
過去のログ
淡々と百人一首
    ブログ翻訳
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。