紙の本のこと

ゴミは捨てるのにお金がかかるし、スペース(本棚)にも限りがあるしで、紙の本を所有し続けるにはハードル高い時代ですよね。
そこにきて今週のハヤテを読むと、「マリアの写真集をオマケ」ときた瞬間、イベント会場のゴミ箱に大量に捨てられているナギの漫画本がありありと想像出来て、半ば自業自得とはいえ切なくなりました。
いらない物を持ち帰ってもゴミになるし、遠方から来場した人にとっては、少しでも荷物を減らしたいと思うのは当たり前です。無料配布のペーパーでさえ、描いた人が捨てられているのを見たら哀しくなるだろうに、(実年齢)小学生には「手痛い授業料」だと考えてももキッツイよな-と思います。周りの人間が、もっとちゃんと話してやればいいのに…(高校生なのに小学生に口で負けるのしかいないんだから仕方ないけどさ)。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みねず あおい

Author:みねず あおい
日々の溜息と絶叫を綴っている日記(更新記録も此処)。史上最強の弟子や星矢Ωの感想を投下。最近はアンリミコミカライズの感想も書いてます。

旬の花時計
Twitter on FC2
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
過去のログ
淡々と百人一首
    ブログ翻訳
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク