スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンデー49号

扉絵の連華は(ちょっと行儀悪いけど)とても可愛い。可愛いがしかし、美羽と笑いあったことなんかねーだろという…(笑)。お互いを牽制しながら引きつった(全く目が笑ってない)高笑いならしょっちゅうだろうけど!
隊長格だけ召集したんだろうに、(一応YOMIなのに)わざわざ新白連合 のビルまでやって来て兼一の怪我の状態を心配するなっつん。いつの間にか兼一のことを名字呼びから名前呼びになってるフレイヤ。一人だけパーを出してちゃかす新島。…皆熱くていい子だなあ(でも美羽が超ヤバいって知ってる読者としては、そういうのは電話で済ませて一刻も早く助けに行ってよって思っちゃうんだぜ)。
邪神の弟子育成方法って、どう考えても結果的に廃人しか残らないと思うんだけどどーなの…(あんな年になってまで無理矢理弟子候補を拐ってこないとならないあたり、まるっきり育成に向かないってことなんだろうけど)。
キレやすく、ちょっとしたことで闇堕ちしそうになるけど殺人はギリギリで踏みとどまるっていうのも不思議な精神構造ですよね…。強いといえば強いんだけど、物凄く歪というか、兼一の安定した心の強さとは対称的です。秘伝を伝えてる長老のイメージがお化みたいでちょっと笑いそうになったんですけど、そういえばあの時って我流Xになって0.0001%組手やってたんですよね(無理もないか)。
そうだろうとは思ったけど、あの薬はやはりヤバいもののようですね。心を壊すって、要するに前頭葉や新皮質といった人間として重要な機能を破壊するんでしょうけど、一度脳が変質したらもう元には戻らないはずだし(若ければ他の部位が機能を補ってくれたりもするけど)、特に女性は生理不順どころか不妊になってもおかしくないんだけど、万が一のことがあったらどう落とし前つけてくれるんでしょうねあのジジイは…(怒)。師匠方全員にボコられたあげく自分をゴキだと思い込んだままビックロックで余生を過ごすくらいのことはしてくれないと許さないぜ…(呪)。
これだけやらかしてくれた果物邪神の荒療治ってどんなもんだろうと考えるだけで嫌になりますが、…敢えて予想するなら殺気発射パート2ってところですかね。愛の力で兼一が美羽と再会したタイミングでやられたら美羽の心が完全に死んでしまう(でもやりそう…)ので、そこは主人公の面目躍如で、邪神がほくそ笑んだ瞬間「なめるな!同じ手が何度も通じるか!!」とバッチリ真拳白浜取りを決めて欲しいものです。
ばんばん卑怯な手を使う上に弟子クラスも殺しちゃうような邪神の本拠地に怪我人二人で行かせるってどう考えてもおかしいと思うんですけど!美羽があそこまで壊されてるって知らないとはいえ、せめてお医者さんである岬越寺師匠はついて行くべきでしょー!!!(まさか美羽の記憶は戻ったけど兼一の腕の中で息絶えましたなんて鬱エンドじゃないでしょうね…)いざというときの回復役がいないと、安心して「兼一君を頼む!!」と「一時も離れずオレについて来い!!!」に萌えられないんですけど!(美羽はともかく本郷さんが死にそうで怖いよ…)
しかし、胃の痛い展開が続く一方で美羽がノーパン健康法を止めようとしないもんだから、日本に戻っても美羽がパンツを嫌がり、兼一に「パンツ穿きなさーい!!」と叱られて兼一のパンツだけ穿くようになるというテ○ミバチみたいな展開を期待するようになっている自分がいます(笑)。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みねず あおい

Author:みねず あおい
日々の溜息と絶叫を綴っている日記(更新記録も此処)。史上最強の弟子や星矢Ωの感想を投下。最近はアンリミコミカライズの感想も書いてます。

旬の花時計
Twitter on FC2
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
過去のログ
淡々と百人一首
    ブログ翻訳
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。