スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セキレイ12巻

セキレイ12巻
12巻は口絵のカラーが(セキレイっぽくないけど)美しいわ、本編は裸祭だわ、鴉羽と夏朗の馴れ初め(特別編)があるわで、盛り沢山の内容でした(コミックス本体部分の描き下ろしが初めて皆人以外だったし)。また、色々とセキレイの謎が明かされた巻でしたね。どうしてNo.00がNo.01になったのかとか、建人が殺された経緯とか、そもそもセキレイって何なのか(他の惑星からきたっぽいけど)はスルーされてましたけど。セキレイの艦が元々八隻あって、社長と高見さんが発見したのは(海中に沈んでいた)最後の一隻、現在の葦牙含めた人類の相当数が(地上に着陸した七隻の)セキレイと葦牙の子孫で、八つの神器を集めると機能停止出来ちゃう★ってだけでも十分衝撃的でしたが。神器がそれだけ危険ならさっさと一個壊しちゃえば良さそうなもんですが、No.10を元の鈿女として再起動させるためには神器が必要ってのが困ったところです。
うじうじしていた椎菜が「ユカリさんが誰を好きでも僕はユカリさんが好き」とふっきれた時には自力で脱出している辺り、流石は悪魔の葦牙さんです(ナイスキャッチだったからいいけど)。神器を廻る様々な思惑とは一切関係なく、マイペースにくーちゃんを探し続けてたり、雑魚の葦牙さん達から、巨乳に幼女に男まで婚いでる北の葦牙より恐れられてるんだから凄いよね!でも、イケメンのおっさんより可愛い男の子が好きなのは変態じゃなくて普通だと思うな。
成る程、陸奥は御子上の捨てられた子犬のような目にやられちゃったんですねー。うんまあ、そうだと思ったよ!陸奥って、母性本能強そうだもん。さびしんぼな御子上と、ずっと一緒にいてあげて下さい。
鴉羽の「幾久しく」はもっとどす黒い禍々しさかと思っていたので、あんな真昼の廃墟のような美しくもこの世の終わりを感じさせるシーンだとは意外でした。しかし、夏朗の好きだった人が困ってる人を放っておけない人だったということは、皆人ってかなり好みなんじゃないのかなー。
過去の(地上に降りた七隻の)セキレイ達のイメージ映像で出てきたロリ大家さん(実際には出雲荘の大家さんじゃないNo.00)がえらい可愛かったです!!!最後の戦いで力を失って子供にならないかなって期待するくらい!!他にも貧乳の月海とか、羽根生やしたくーちゃんとか、皆人パーティーにいる廃棄ナンバーとか、鈿女の「あたしの葦牙ちゃん!」とか…、イメージとはいえ御馳走様です(結がイメージ担当してたのはNo.08なのかな?)。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みねず あおい

Author:みねず あおい
日々の溜息と絶叫を綴っている日記(更新記録も此処)。史上最強の弟子や星矢Ωの感想を投下。最近はアンリミコミカライズの感想も書いてます。

旬の花時計
Twitter on FC2
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
過去のログ
淡々と百人一首
    ブログ翻訳
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。