スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンデー7号

熱い展開で色々言いたいことはあるんだけど、まず何よりも、今の今まで兼一が流水制空圏使うって知らなかった邪神の情弱ぶりにビックリですよ!!!?もう闇では周知の事実みたいな扱いだったのに…!イーサンなんて完璧な対策してたし、コーキンだって知ってたじゃん!!
やっぱり邪神は闇で嫌われてたから誰も教えてくれなかったってこと?仕事関係の情報すら伝わってこないくらいハブられてるの?(イーサンの師匠と親しいってのも、「出身地と年齢が近いから他の九拳よりは古馴染みだっただけ」なんじゃ…)誰の弟子が梁山泊の弟子と戦うかで盛り上がってるとき、自分だけ入れなくて本当は寂しかったの?オガッチや美雲さんに弟子候補を斡旋されて実は超嬉しかったとか?(片方はただの仕事でもう片方は利用するつもりまんまんなのに…)美雲さんのピチピチお肌を褒めてたのも、仲よくなりたい一心だったり…?!考えれば考える程片腹痛いんですけど!!(笑)
…で、本筋の感想なんですが。あれだけ薬浸けで洗脳されても、美羽にはまだ心のかけらが残ってるんですね…(残ってなかったら話にならないんだけど)。下半身丸出しでも何とも思わないくらい(羞恥)心を失ってるのに、ちょっと兼一に(服越しで)乳揉みされただけでときめく乙女心が健在だったと思うと(色んな意味で)泣けてきます…!!(目覚ましビンタのとき、頬を染めてましたよねっvV)
あれだけ心がぐにゃああ~ってなってしまっていると、単純に記憶が戻ってもすぐには元通りにならないような気もしますが…、この際思い出さなくてもいいから早く邪神をどーにかして美羽を取り戻して欲しいです!(最悪、美羽は長老にフォーマットしてもらって、一から育成し直すってことで)ともかく兼一頑張れ!頑張るんだ!!今でも充分頑張ってるけどもうひとふんばり!!!ともあれ、「死んだな」→生きてる、「とどめをさせ」→愛の平手で入魂、と邪神の言葉をことごとく覆してきてるので、最後には邪神の思惑を盛大にぶち壊してくれると信じてます!!!!
そういえば、邪神の「本気を出せる喜びの前のとまどい」って何だよ、苦し紛れ(屁理屈)にしても苦しすぎるだろ…、と最初は思ったのですが、あれは邪神が初めて全力バトルで相手を殺した時の実体験(殺し合いの緊張感に戸惑いつつ興奮して病みつきになった)ってことなんでしょーか?(「カカッ」は喜びの最上級なのだろうか)考えてみれば、美羽もこれまでの戦いでは格下(弟子レベル)相手に舐めプするか格上(達人)に挑んで一蹴されるばっかりだったから、同じ年で同レベルの相手と全力で戦うのに戸惑うというのもあながち的外れではないのかもしれませんけど。
ところで、次号美羽の攻撃で臨死体験中の兼一が翔に激励されて復活したりしたら泣いて喜ぶんですけど…!翔って退場してからもちょくちょく回想で出てくるし、美羽の大ピンチなんだから化けて出てきてくれてもいいんじゃないかなーって!!期待するだけなら別にいいよね!(ついでにちょっぴり妄想を文章にしても!!)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みねず あおい

Author:みねず あおい
日々の溜息と絶叫を綴っている日記(更新記録も此処)。史上最強の弟子や星矢Ωの感想を投下。最近はアンリミコミカライズの感想も書いてます。

旬の花時計
Twitter on FC2
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
過去のログ
淡々と百人一首
    ブログ翻訳
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。