サンデー26号

うわぁあああ本郷さーーーーーん!!!(感涙)やられてもやられても諦めず食らいついた末の一発逆転がケンイチらしくて熱かったぁああ!!!!(でも内臓がない(ぞー)で笑った)実力で上回っているであろう同年代(かそれ以上)の長老ではなく、まだ若く未熟で自力では及ばない本郷さんが執念で実力差を覆すところがこの漫画の良いところだと思います。
あの絶望的状況でもしっかり頭を使って邪神を罠に嵌めたのも、地味に静の者らしい戦い方で好きです。一度目の陰陽極波貫き手が性格で虚と実を見抜かれちゃったときには本郷さんが不憫で仕方ありませんでしたが、ちゃんと自分の博打運の無さを自覚してたんですね!!まさか二発目を確実に当てるための見せ金だったとは…!傷ついた右腕でも、ただ玉砕覚悟じゃなく、脚波ねじり貫き手という奥の手(膝だけど)をちゃっかり用意しているあたりが抜け目がないというか油断できないというかもう流石だなーと感心しました(逆鬼師匠があれだけ信頼してるのも頷けます)。
邪神が本郷さんの脇腹ずぶずぶしたとき、兼一とハルティニちゃんは思わず目をそらしちゃったんですけど、姫様は涙を浮かべながらもしっかり見てるんですよね。このあたり、やっぱり戦時下の王族なんだなーと関心しました。傷つき破れた邪神が逃げ延びたとしても一影あたりに始末されるだろうし、逆鬼師匠に王位は継がないって言っちゃったけど、姫様が国を治めるのが上手くまとまって良いんじゃないでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【サンデー26号】

うわぁあああ本郷さーーーーーん!!!(感涙)やられてもやられても諦めず食らいついた末の一発逆転がケンイチらしくて熱かったぁああ!!!!(でも内臓がない(ぞー)で笑った)実力で上回っているであろう同年代(かそれ以上)の長老ではなく、まだ若く未熟で自力では及ばない...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みねず あおい

Author:みねず あおい
日々の溜息と絶叫を綴っている日記(更新記録も此処)。史上最強の弟子や星矢Ωの感想を投下。最近はアンリミコミカライズの感想も書いてます。

旬の花時計
Twitter on FC2
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
過去のログ
淡々と百人一首
    ブログ翻訳
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク