6月7日 くん様へコメント返信

6月7日 「はじめまして 実は私は今回で初めて拳魔邪神の格が上がったように感じました 立ったまま死んだということが何よりも心に響きました。戦闘中はもちろん、死んでもその場に立ち続ける邪神。一方でぐらつき倒れかける本郷が描かれます。 この2人の対比を見て、やはりジュナザードという男は別格だったんだな 、と感じずにはいられませんでしたね。」(くん様より)
→はじめまして!ようこそいらっしゃいました。
邪神が立ったまま死んだことはプラスポイントだと思っています(元々、邪神が死ぬときは仁王立ちにして欲しいと思っていたので)。ただ、実力で本郷さんを圧倒し続けた邪神が今はの際に相手のスキをこそこそ伺おうとするのが武人としてせこく感じたというか…。戦時中なら味方のために一人でも敵を減らそうと足掻くのは当然ですが、今は自ら起こした内乱程度だし、そもそも邪神は自陣営のために行動するキャラじゃないし、これまでずっと止めを刺すことよりなぶることに重点を置いて戦っていましたから。何が何でも殺すことに重きを置くならもっと早く本気になるべきだったし、そうしないで負けた以上は、自分の傲りを受け入れてじたばたしないで欲しかったのです。邪神は圧倒的な強者なのに、余計な(しかも実らない)小細工ばっかりするせいで、全体的に強さよりもいまいち残念な印象が残ってしまったようです。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みねず あおい

Author:みねず あおい
日々の溜息と絶叫を綴っている日記(更新記録も此処)。史上最強の弟子や星矢Ωの感想を投下。最近はアンリミコミカライズの感想も書いてます。

旬の花時計
Twitter on FC2
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
過去のログ
淡々と百人一首
    ブログ翻訳
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク