9月2日のアレコレ

 ここのところ、土曜の深夜に泡くって感想を書くのが恒例になってる気がする…(←気のせいじゃない)。


■ヒーローズ

 テガマルに勝ってから(テガマルに負けた)チャンピオンと戦うのって順番としてどーなんだろう…。どうも、終盤のテガマル関連が素直に燃えれなくてビミョーな感じでした…。テガマル組の口上も、(5d'sみたく)テガマルと一緒に読み上げて欲しかったです。チートカードを全ロードドラゴン軍団(数の暴力)で蹂躙するのは戦隊的で悪くなかったのですが(すっかりキマリの手下になってるサンセットは良かった)。「お前のスピリットで踊ってやる!」も良かったんだけど、テガマルが最後のコアを破壊されても(演出的に)普通にしてたから、ハジメが勝ったの分かり辛かったりして最終回なのにところどころ惜しい感じなんですよねー。シリーズ全体としては好きなんですけど。



■ゴーバスターズ

 EDならともかく、戦隊でOP曲が変わるのって珍しいような。バスターズは戦隊のお約束から外れる試みをしてますが、これもその一環でしょうか。
ヒロムのトラウマ体験が地味に恐ろしい…(ブルブル)。ニワトリ小屋の恐ろしさは世話をした人間にしか分かるまいよ!(ヒヨコはあんなに可愛いのに…)
サングラスを黒く塗って見えなくしてるのかと思ったら、目を瞑ってただけなんですね(見直したら、サングラスの奥でちゃんと瞼を閉じてました)。足元でも見えたらアウトですもんね。それにしても、体型まで変わるペンキって何気に凄い。アホなメタロイドほど使い甲斐のある能力なのは何故…(頭良いのがチート能力持ってたら手におえないからか)。
まさかゴクとマゴクがヒロムママの愛犬(置物)とは…!ということは、エスケイプのモデルは若き日のヒロムママ?!ヒロムパパが妬ましくなるレベル。


■ウィザード

 魔法陣のエフェクトとちっこいメカがかわいい(魔法自体は、今のところ映画のコピー魔法が一番良かった)。騎乗じゃなく、搭乗するタイプの巨大メカはやっぱり出ないのだろうか。
1話はいかにも導入というか必要最低限の説明だったので(女刑事がただの根拠のない勘で何も悪いことしてない主人公を投獄したり、上司が怪人になっただけで簡単に絶望しそうになるのが悪い意味で気になったけど)、次回以降を見るまでは何とも言えない感じ。
関係ないけど、りんこというと闇のパープルアイを思い出す…。


■スマプリ

 いつもながら、マジョリーナのマジックアイテムで話が展開していきますね。シナリオ的必須(便利)グッズ。…ということは、逆に終盤まではマジョリーナ安泰ってこと?(本人がいないのに面白アイテムだけ出てくるのもちょっとヘンだし)
三幹部のイカサマより、プリキュアの力技の方がよっぽどインチキに見えるんですが!ピースの「心配ないよっ。私がストライク取るから!」がかっこ良すぎだ!!
前向きでイイハナシっぽくまとめておきながら、結局間に合わなかったオチに笑わせていただきました♪


■ヴァンガード

 でっかいの・普通の・小さいのって、Q3も同じじゃないですかー!!というか、三人組ならよくある組み合わせでしょう。
折角双子の新キャラ初登場なのに、、作画がいまいち残念だ…(泣)。アイチ達は普段とそう変わらないのに…。
ココが凄いどや顔で攻撃してるのに、あっさり止められるのがミサキさんらしいと思ってしまった(笑)。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みねず あおい

Author:みねず あおい
日々の溜息と絶叫を綴っている日記(更新記録も此処)。史上最強の弟子や星矢Ωの感想を投下。最近はアンリミコミカライズの感想も書いてます。

旬の花時計
Twitter on FC2
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
過去のログ
淡々と百人一首
    ブログ翻訳
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク