サンデー41号

思うのですが、千影ちゃんが13歳ってやっぱり年齢詐称なんじゃないのだろうか…。ほのかはロリって感じだけど、千影ちゃんはマジ子供体型というか、ぶっちゃけ栄養不良に見える…。櫛灘流永年受益法って、本当は体に悪いんじゃないかなー…。
それはさておき、本編の感想です。キサラを守るために、敵もろともビルからダイブしたウッキー…。白鳥が惚れちゃうくらい宇喜田の男気があふれるかっこいいシーンなのですが、よく考えてみると、これってシバっちが助けなかったら宇喜田人殺しになってたような…(自分も死ぬから無理心中だけど)。銃を向けてきたとはいえ、あの人殺意までは無かったはずですよ…ね…?(誘拐が目的だったんだし)
シバっちによると、どうやら梁山泊の豪傑さん達は美羽が危うい状態だと分かっていてあえて放置してるようですね。それはそれでどうかと思いますが(シバっちにも非難されてたし)、それでも何らかの意図があったことに一安心しました(てっきり、師匠方は感覚が常人離れしすぎてて、美羽の危険性に気づいてないのかと…)。
武術(特に闇関係)は危険だから才能のない子に下手に関わらせるべきじゃないというシバっちの主張は正論なんですが、誰かの背中を追いかけて近づこうと努力しているという意味では、実力で兼一に差をつけられて置いて行かれまいとボクシングの師匠を探していた武田さんも同じなんですよね(武田さん、才能という点ではYOMIよりかなり下だと思うし、持ち前の幸運も武術には発揮されないし…)。どうせ、新白メンバーはヤバイから止めろと言ったところで聞くようなタマじゃないんだし、諦めて全員に指導してやった方が生存率が上がるんじゃないでしょうか(シバっちはボクシングしか教えられないんだろうけど)。
白鳥が女だった!(しかも水着のチョイスが乙女)…のは、考えてみれば確かに納得です。スカートこそ穿かないけど(フレイヤだってスカート穿かないしね)、一人称は「私」だし、髪も長いし、キサラの男嫌いが一番酷かった頃から側近やってるし。アニメでも女性が声当ててましたしね。初登場から40巻くらい経ってから性別判明というのは凄いけど。ケンイチがここまで長く続いてなかったら、白鳥って読者に男だと思われたまま終わってたかもしれないと思うと感慨深いですね!
怪我がなければウッキーも参加していたとして、あのメンバーでプールって…。兼一も美羽もいないから、元ラグナレクで遊びに出かけてみたってことでしょうか?(メタ的には、白鳥の水着を出すためなんでしょうが)女三人に男一人で一見ハーレムなのに、女子が全員自分の親友狙いな武田さんは、師匠をゲットするために一生分の幸運を使い果たしたとしか思えません!!(頑張れ…!)
ウッキーと兼一が白鳥を男だと思ってたのはともかく、ウッキーから相談を受けておきながらその思い込みに気づかない美羽は…(汗)。…やっぱり、恋愛相談は荷が重いってことですかね…(ウッキー周りが四角関係になったから、ますますウハウハしそうだけど)。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みねず あおい

Author:みねず あおい
日々の溜息と絶叫を綴っている日記(更新記録も此処)。史上最強の弟子や星矢Ωの感想を投下。最近はアンリミコミカライズの感想も書いてます。

旬の花時計
Twitter on FC2
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
過去のログ
淡々と百人一首
    ブログ翻訳
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク