☆矢Ω29話

新OP良いですね!ワクワクします。新黄金の部分は若干やっつけ感があるとはいえ(そもそも12人に足りてないよ)、前OP同様少しずつ差し替えていくんだろうし、何より、星矢達旧青銅の作画が良かったので無問題です!光牙達新青銅もかっこ良かったですし♪(ユナパートだけ背景が悲惨で切なくなったけど)
貴鬼はとても羊らしい羊に成長しましたね!あのいたずらっ子だったガキんちょがすっかり立派になって…(ホロリ)。真面目な顔でセブンセンシズの講釈しながら、内心では「うわぁ~、オイラ今ムウ様と同じこと言ってるよ!頑張って聖闘士になって良かったぁ!!」なんて思ってそうですが!流星拳を懐かしんでるのも良い感じ。
必要もないのにわざわざ獅子宮の屋上に登ってるミケーネはにゃんこっぽかったです。
黄金で一番善良なはずの牛が、引っ越し早々食べ残しの骨(としか思えない)で宮を汚してるのはびっくりしました…。闇っぽい技使うし。性格蟹寄りだし。予告だとそんな邪悪っぽく見えなかったから、立ち位置はともかく根っからの悪人でもないのかもしれませんが。ヘッドマスクの角が折れたままなのは、文化遺産的な感覚でそのままにしてるんでしょうか?「あの伝説の戦いでペガサスの星矢が折ったんだぞ~」みたいな!流星拳も語り種になってるようですし(単に貴鬼が直してくれなかったのかもだけど)。
光牙がアリアの死を凄く引きずってるのが嬉しい反面、死亡シーンを何回も繰り返されると見てるこっちもキツイのですが…。アリアの死を回想する光牙が闇堕ちしそうでヒヤヒヤします。
しかし、アリアの最期の願いを叶えるために突き進む光牙は随分大人びてみえました(あんなにガキっぽい子だったのに)。今は悲しみで心が塞いでいて、地球の危機(どうでもいいけど太陽と地球の間だと太陽に近すぎて熱すぎるんじゃ)よりマルス憎し!が原動力になってますけど、この悲しみを乗り越えた時が光牙の少年期の終わりになるんでしょうね。ついでに、Ωの星矢が別人のように落ち着いてるのも、大切な人(星華姉さんあたり)を失ったからなのかもしれない、と思いました。
傷心の光牙が果敢に黄金に挑んでいる一方で、いつまでも膝を抱えて泣いてるプリンスはいつ昨日の弱い自分を越えるんでしょうか。新OPを見ると、また光牙と戦うようですが。バリバリに死亡フラグを立てている姉上も失わないと親離れ出来ないんでしょうか。まさかマルス戦まで光牙達との共闘無しとかそんなことないですよね…?
ゲームの光牙が装着してる金色の聖衣はヘッドパーツが鱗衣っぽいですね。もしかして、ポセイドンはラスボスではなく(また誰かに起こされて利用されただけとか)、途中で誤解が解けてラスボスとの戦いで力を貸してくれる…とか?
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みねず あおい

Author:みねず あおい
日々の溜息と絶叫を綴っている日記(更新記録も此処)。史上最強の弟子や星矢Ωの感想を投下。最近はアンリミコミカライズの感想も書いてます。

旬の花時計
Twitter on FC2
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
過去のログ
淡々と百人一首
    ブログ翻訳
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク