スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆矢Ω35話

マルスに槍ぶっ刺された上小宇宙まで奪われて瀕死の状態で光牙達を新12宮に移動させ、塞ぎ込んでるエデンをイヤリング&幻術で励ますアリアは頑張り屋さんですね(エデンより対人経験少ないのに細やかな気配り)。エデンも本当に昔からアリアが好きなんだなって伝わってきて良かったです。そんなに大切ならもっと早くアリアの願いを聞いてマルスから離反していれば(アリアを喪わずに済んだかもしれないのに)、と思わなくもないのですが、喪ったからこそ実家と決別する決意が出来たんですよね…。哀しい。
母・姉・先生がそれぞれエデンを諭そうとしてましたけど、生前のアリアに対するエデンの態度同様、全員エデンの本当の望みを直視しようとしないんですよね。そもそも、エデンにとって一番大切なものがアリアであり、そのアリアをマルスが殺した以上、どう言い繕ってもどうにもならないんですが(マルスがアリア殺害を過ちと認めて謝罪でもしない限り)。エデンにとって神のように絶対的な存在であったマルスも過ちを犯すことがある、つまりアリアを殺し美しい世界を破壊するマルスは間違っている、という切り口はΩ独特でなかなか良いと思いました(Ωじゃなかったら、「アリアを殺したマルスは親でも許さん!」で速攻寝返りそう)。
マルス一家の皆さんは口々に「新世界の王は非情でないと」と言いますが、非情に育てたいにしては教育方針が間違ってたとしか思えませんね。小さい頃からエデンの教師役だったミケーネも非情とはほど遠いし、ソニアも同様ですし…。現にエデンは美しい花々を慈しみ、それをアリアに見せてやろうとする優しさもあり、パライストラにも愛着があって、聖闘士同士の戦いを憂うという(多少ボンボンだけど)まっとうな感性の持ち主に育ってます。アリアにしても、アテナとして利用するならもっと我が儘で思い上がった娘に育てたほうが御しやすかっただろうと思うんですよね。子供の教育は勝手が分からず放任気味にしてたらああなってしまったんでしょうか?
エデンの涙でイヤリングが光った時は、一瞬アリアの光をエデンが受け継いで光属性になるのかと思いました。属性の変更(追加)まではないにしても、アリアのイヤリングでエデンが光の小宇宙を使って、暴走した闇牙を止める展開はありそうかなーと。光牙は自分が本来闇だったことを気に病んでるので、ライバルである(自分と違って闇じゃない)エデンがアリアの光を使えるようになったりしたらそれだけで闇吹き出しそうですけど。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みねず あおい

Author:みねず あおい
日々の溜息と絶叫を綴っている日記(更新記録も此処)。史上最強の弟子や星矢Ωの感想を投下。最近はアンリミコミカライズの感想も書いてます。

旬の花時計
Twitter on FC2
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
過去のログ
淡々と百人一首
    ブログ翻訳
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。