スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンデー17号

扉絵の岬越寺師匠はフラグですか?兼一が拳聖にワンパン入れたら馬師父と一緒に出てきてリミを生き返らせてくれるんですか!?そうだと言ってよ松江名先生ー!!!(涙)
リミの最期が幸せそうだっただけに、有望な弟子をただの実験台として無闇に使い潰す拳聖に腹が立ちます(それでこそオガッチとも思うんだけど)。散々心が弱かったって言われてる翔を「極限状態での平常心がずば抜けていた」と評されてもねえって感じ。むしろ、幼少時からの修行期間が長かった分若くても身体が出来上がっていて、身体機能が崩壊するまで他の二人よりは長く保っただけなんじゃなかろうか。
命を救おうとしたのにただの止めになっちゃって、美羽が狼狽するのは分からないでもないんですが…(いくら欠陥技のせいって言っても、結果的に自分の攻撃でリミは命を落としたわけだし)。現状たかが弟子クラスの分際で「活人拳の限界」なんて言っちゃうのはやっぱり自惚れだよなーって思います。ぶっちゃけ単なる「力不足」だろうと。少なくとも、師匠方の誰かならリミを死なせずに無力化出来たでしょうよ。
尤も、活人拳の真価というのは実力差ではなく、信念の強さにあるんだと思います。兼一より美羽の方が武人としての修行時間は長く、また実力もあるはずなのに、活人拳としてより確立されているのは兼一の方で、美羽はいつもフラフラして危なっかしいです(ぶっちゃけ、美羽より武田さんの方が活人拳として安定してるように見える)。現に、敵が自爆技を使っても、兼一は相手を死なせたりしないけど(翔の死因は銃殺で、兼一との決着が着いた時点では命に別状はなかったですし)、美羽は救えませんでした(メタ的には、兼一には正の主人公補正があって美羽には負のヒロイン補正があるからでしょうけど)。邪神に洗脳されてた時ですら本人の精神力と兼一の介入でギリギリ一線は越えずに済んだようですが、今回リミを死なせてしまったことで、一影と同じ道に堕ちる可能性が高まったんじゃないでしょうか?
敵は九拳、弟子レベルでは到底敵わない…それが分かっていても挑むのが兼一ですね(美羽も同じことやってるはずなのに、自爆臭しかしない(そして結果撃墜する)のは主人公じゃないからなのか…)。兼一の頑丈さとメンタルの安定感からして、本当の静動合わせ技を編み出すのは緒方じゃなく兼一なのかもという気がします。兼一は静動どちらも選ぶことの出来る珍しいタイプらしいですし、既に武術の要訣を組み合わせて無拍子を編み出しましたしね!
…しかし、バーサーカーは、どこまで兼一にスルーされ続けるんでしょうか(汗)。余所見してばっかりの兼一にまともなダメージ一つ与えられない以上、多少舐められても仕方ないんでしょうが…、いい加減、怒ってもいい気がしますよ(意外と心広いのか)。


DSC_0651.jpg
↑いつも思うけど、なんでサンデーのクリアファイルは小さいんだろう…
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みねず あおい

Author:みねず あおい
日々の溜息と絶叫を綴っている日記(更新記録も此処)。史上最強の弟子や星矢Ωの感想を投下。最近はアンリミコミカライズの感想も書いてます。

旬の花時計
Twitter on FC2
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
過去のログ
淡々と百人一首
    ブログ翻訳
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。