サンデー32号

 元々病弱で才能のない鍛冶摩さんは、そんな自分でも武術の発展に役立てるのが嬉しくて自ら穿彗さんの実験台になってたんですね…。本当に武術が好きなんだなあ。…しかし、鍛冶摩さん、一影の弟子で本当に良かったですね!同じ武術オタである拳聖の弟子になってたら実験好きの師匠と踏み台上等の弟子で酷いことになってましたよきっと(その点一影なら、穿彗さんがやりすぎたら砕牙さんが止めてくれるからね)。
 そんな鍛冶摩さんのあざ名は、一目連(本来は片目の潰れた龍神だが日本神話に出てくる製鉄・鍛冶の神である天目一箇神と同一視されているらしい)だそうで、隻眼といい苗字といいピッタリな異名ではあるんだけど、なんとなく、あんまり呼ばれることはないんだろうなーという気がします(響きがかわいいんだもん)。
 絶対絶命のピンチで逆鬼師匠、岬越寺師匠、アパチャイ、馬師父の言葉を思い出して流水制空圏第三を発現する兼一!カッコイイ!!けど流水制空圏なんだからそこは長老も入れてあげて!…えっしぐれさん?しぐれさんはホラ、回想しなくてもその場にいるから…(震え声)。
 ところで、弟子を見守る砕牙さんと穿彗さん、椅子を並べて座るのはともかく、そんなにくっつける必要が何処にあるんですかねえ…?仲良すぎんだろ!(いいぞもっとやれ)。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みねず あおい

Author:みねず あおい
日々の溜息と絶叫を綴っている日記(更新記録も此処)。史上最強の弟子や星矢Ωの感想を投下。最近はアンリミコミカライズの感想も書いてます。

旬の花時計
Twitter on FC2
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
過去のログ
淡々と百人一首
    ブログ翻訳
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク