サンデー39号

 鍛冶摩さんの塊・鎬断で全身の気血が断たれて兼一大ピンチ!と思いきや!とっくに梁山泊で全身の気血を断って再び流す荒療治を経験済でしたー!!長老の修行よりキツイ実践なんてないんだね!(しぐれさんの技が結局不発に終わったのが哀しいけど)
 しかし、気の開放を飛び越していきなり発動から掌握に至ったうえ、流水無拍子で鍛冶摩さんの気の流れまで治しちゃうとは…!もうこれ気の扱いに関しては達人級ですよね?少なくとも、弟子レベルを卒業したことは確かなんじゃないですか。
 鍛冶摩さんの自分は死んでも観戦者や対戦相手のレベルアップになるから武に貢献できる、という考えは拳聖に近いものがありますね(拳聖の弟子になってたらすぐ死んでただろうけど)。活人拳にとっては一番やりにくい相手だけど、敵を死なせず、自分も死なずに勝った兼一は活人拳として百点満点の勝利でした。
 直接戦ったYOMIはともかく、対戦してないルグまで兼一の危機を察知してるばかりか(気配を探るのが得意ではあったけど)、異国に居るジェイハンまで反応しててびっくりです(長老の気も海を隔てて感じ取ってたけどあれは長老だし)。闘いの中で築いた絆に距離は関係ないということか…!でもあの中に翔がいないのが、今更ながら惜しいというか寂しいですね…。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みねず あおい

Author:みねず あおい
日々の溜息と絶叫を綴っている日記(更新記録も此処)。史上最強の弟子や星矢Ωの感想を投下。最近はアンリミコミカライズの感想も書いてます。

旬の花時計
Twitter on FC2
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
過去のログ
淡々と百人一首
    ブログ翻訳
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク