スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弟子60巻

 とらで60巻を購入しました!カバー裏の初版限定イラストは味方の女性陣に縛札衣をかます馬師父(の夢を見る兼ちゃん)でした~☆

 槍月さんが闇を裏切ることなんて始めから分かり切ってたけど(なっつんの説教良かった)、おっちゃんを抑え込んで自分も身動きとれない状態だったのにぶん殴られたエーデルトラフトさんがちょっと気の毒ですね…。あの人闇の作戦通り戦っただけなのに…。
 弟子からはあえて命令違反されて、無手組なのに拳で語り合うことを理解できず(男女関係なく、武術家なら拳で語り合えないと)、人質の件を持ち出してラフマンさんの怒りを買ってばあさん呼ばわりされる(実際婆さんだけど)…美雲さんには全く良いところのない巻でしたが、これまでかなりやらかしてくれた(特に美羽と陽炎)ので自業自得ですね。
 エロに関する馬師父のモチベーションと技術は凄まじいものがあるんだけど、相手が鎧着てると瞬時で男女の判別が利かないあたり、達人といえどまだ修行の過程であり、進化の余地があるということなんでしょうね(笑)。
 20歳まで生きられないほど病弱だった鍛冶摩さんが穿彗さんの弟子になって健康になったってことは、鈴木はじめも闇に入ってたら助かったかもしれないんですかね…(はじめは病弱どころじゃなく病気だったけど)。暗鶚衆の医術じゃなくても、岬越寺師匠ならやっぱり死なないで済んだだろうし、逆鬼師匠がもっと早く岬越寺師匠と知り合ってればなぁ…。
 明らかにヤバイ人物(砕牙さんに変装した穿彗さん)に対してもしらを切り通そうとする新島はさすが。とはいえ、いくら宇宙人で悪魔でも高校生には違いないんだから、PCいじってるときに下半身丸出しでM字とか止めてあげてくださいしぐれさん!!
 通りすがりの高校生である新島を取りあえず庇ってくれる本郷さんはいい人なんだけど闇に向いてないですね…(運に見放されてるからな~)。暗殺を生業とする一族に生まれても思考がお坊ちゃんな穿彗さんを翻弄するシバっちが最高にかっこよかったです!(武田さんが見てないのが残念)
 しぐれさん結構長い事行方不明で、兼一も凄~く心配してたのに再会の喜びがあっさり終わって哀しい…。非常時だから仕方ないとはいえ…。
 静羽さん、これまでの断片的なイメージより可愛くて活発で良いですね!時代錯誤な里で育った静羽さんの方が美羽より言葉使いが普通で現代っ子っぽいのは良い意味で意外でした。
 立派なおでこを砕牙さんにデコピンされたり、静羽さんに拳でツッコミ入れられても幼馴染だから馴れてるの一言で堪える穿彗さんが可愛いかったのに、楽しい回想がすぐ終わってしまって…(その分おまけ漫画は嬉しかった)。暗鶚のクーデター失敗は色々敗因があったと思うけど、本気で成功させる気ならまずまず身内(父である長老や親友の岬越寺師匠)に相談しろよって感じです。砕牙さんと長老に感情的な軋轢があったにしても、結婚の報告はしてあったんだし、多少気が進まなくても素直に父を頼っていれば静羽さんが殺されることは無かっただろうに(まあ死ななかったら話が始まらないんだけど)。
 


↑静羽さん結構活発な性格だったし赤似合ってる!

DSC_0634.jpg
↑このしぐれさん色っぽくて好き。これがカラーイラストでも良かったのに…っ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みねず あおい

Author:みねず あおい
日々の溜息と絶叫を綴っている日記(更新記録も此処)。史上最強の弟子や星矢Ωの感想を投下。最近はアンリミコミカライズの感想も書いてます。

旬の花時計
Twitter on FC2
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
過去のログ
淡々と百人一首
    ブログ翻訳
    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。